WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016


WiMAX2+って、なんだか選ぶの大変ですよね。
プロバイダもたくさんあるし。
「あれ?WiMAXってUQ-WiMAXだけじゃなかったの~!?しかもいつの間に2+になっているの~」ッて思いますよね。
(僕もそうでした)

8ビットPCのMSXを思い出したあなた。僕と友だちになりましょう(笑)

しかも、料金プランもたくさんあるし、端末もえらばなきゃいけない!
あ~めんどうだっ!

メッチャ気持ちわかります。
けど、基礎知識がわかれば、WiMAXプロバイダやルーター選びってそんなに大変じゃないですよ。
たぶん、このページを読んだらなーんだ、そ~いうことかぁって思っていただけるはずです。
僕もネットで調べまくって、3時間飲まず食わずで勉強したりして、なーんだそういうことかぁってなりました(笑)

と思いましたが、早くプロバイダ選びの答えが欲しいはず!
さっそくプロバイダの選び方をご紹介しまょう。

とおもいましたが、その前にダメな選び方をお見せしましょう。
反面教師ってやつです。
罠にハマらないようにしなきゃねっ!





間違いだらけのWiMAXプロバイダの選び方

【ダメな選び方その1】月額料金だけで選んじゃえ!

「プロバイダ多くてよくわからないから、月額料金で選べばいいじゃないか。」
そうです、月額料金が安ければいいんです!
…って、それダメですよ。
月額料金が安くても、初期費用が高くてトータルで高く付くことも。
(どこのWiMAXかはいいませんけどね(笑))
だから、月額料金だけでWiMAXを選ぶ選び方はNGですよ。

ぐふふ、キャッシュバック特典だけいただければなんでも…

「じ、しゃあ、キャッシュバックの金額でえらべばいいじゃないか?何万円ももらえちゃうんだろ?」
そうそう、キャッシュバックで豪遊しちゃいましょ!
…って、ダメダメ(笑)
とても魅力的なキャッシュバック。しかし、これがくせ者。
キャッシュバックは、期間内に申し込まなければいけないところもあります。
それに面倒くさがりのあなただから、忘れちゃかも?
(そうなるとキャッシュバックがもらえない…(;´д`))

その反面、手続き無しのキャッシュバックもあります。
だから、キャッシュバックの金額だけで選ぶのは危険なんですよ。

それにキャッシュバックが高くても月額料金が高かったら意味ないですよね。

じゃあ、有名な会社でいいや

「あー、いろいろめんどいな、有名な会社ならいいんじゃない?そーしよそーしよ」
なるほど、そう変わりがないのなら確かに有名な会社なら安心ですよね。
しかし、年間の料金…2年しばりだから2年の料金で2万とか3万円変わってきてしまうんですよ?
3万円あったら何します?(笑)
ね?そんなに違うとちゃんと選びたくなりますよね?


メモ

ノリや勢い、テキトーでWiMAXプロバイダを選ぶと大変なことになってしまう。
ちゃんと選ぼう。



>>「WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016」の一番上に戻る



プロバイダ選びの予備知識

ダメな選び方が分かったところで、本題に行きましょう。
WiMAXの選び方ですね。

…と思ったけど、やっぱWiMAX選びの予備知識を先にやっておいていいですか?
ここ重要なので。

まず、WiMAXとは…って基礎の基礎は省略します(笑)
だいたいわかっていますよね。

WiMAX2+を選ぶ前に知ってほしいことは…

WiMAX選びで決めることはこれ!

WiMAX選びと一言で言ってもいろいろなことを決めなければいけません。


WiMAXプロバイダ
WiMAXを契約するプロバイダを決めなければいけません。
プロバイダによって、料金などが変わってきます。


端末・ルーター
WiMAXプロバイダを選んで、端末(ルーター)を選ばなきゃいけません。
端末は、プロバイダごとに扱っている機種はほぼ同じです。
その点、携帯よりも選びやすいです。

しかし、プロバイダごとに端末の値段が変わってきたりします。
それが厄介ですね。

端末の選び方は最後の方でご紹介する予定です。

WiMAXは、端末を使って、スマホやPCにWiFiで繋ぎます。
つまり、端末は、WiMAXの電波をWiFiに変換する機械といえますね。
Wifi:無線LANを想像してもらってもOKです。厳密には意味合いが変わってきますが。


料金プラン
プロバイダを決めたら、料金プランを決めます。
また後述しますが、基本的に2つです。
月間の通信量制限のある基本プランか、つなぎ放題りの「ギガ放題」です。


本家はやっぱりUQ WiMAX

いろいろWiMAXプロバイダはありますが、本家はUQ WiMAX。
(さすがガチャピンとムック)
で、いろいろなプロバイダはありますが、結局UQ WiMAXの回線を使っています。
じゃあ、UQ WiMAXでいいじゃん・・となりそうですが、他のプロバイダも魅力があったりします。
おもに料金やキャッシュバック面ですが。
お財布の中身が常に気になる人は、他のWiMAX2プロバイダの選択肢も考えたほうがいいですよ。

どこも2年縛りです!

残念なことに、どのWiMAX2+プロバイダも2年縛りのプランしかありません。
2年間使うことを前提に借りなきゃですね。
2年ごとの解除月のみ解約無料になるので、注意が必要です。
ちなみに解約料は、WEBキャンペーンで申し込んだほうが安い模様。

※本家UQ WiMAXでは、旧WiMAXで1年縛りとかいろいろあったんですけどね。。。

プロバイダで速度やエリアの違いはない

そうなんです。プロバイダによってWiMAXのスピードやエリアって、全然変わらないんです。
たって、結局UQ WiMAXの回線を使うわけですから。
スピードやエリアが変わる要素は、端末が握っています。
端末が同じWiMAX2+でも、機能でスピードが変わってきます。
まぁ、あとは有料ですがau 4G LTEが使える端末だと、エリアが広いのでいざというとき便利かなと。

プランは基本的に2つ

WiMAX2+のプランは、基本的に2つということを覚えておきましょう。
月間の通信料制限のある「通常プラン※1」と通信量制限のない「ギガ放題プラン※2」の2つ。
プロバイダが違うとプランが違ってややこしいと思うかもですが、基本的にどこも同じで料金やサービスが違うと思っておいてください。
そうすると、WiMAX2+を選ぶのが楽になりますよ(笑)

※1:プロバイダによって名前が違う。多くの場合7GB制限。まぁ、YOUTUBEで動画をガンガン観なければ大丈夫な量ですよ。
※2:どのWiMAXプロバイダも「ギガ放題」みたいな名前がつくプランがあると思います。それです(笑)

速度制限にかからない旧WiMAXはモバイルにはない

ちょっとわかっている人は、旧WiMAX(WiMAX1と呼ぶべきか?)ができないか探している人もいると思います。特に僕みたいな昔からのユーザーさんは。
旧WiMAXって通信速度が遅いけど、通信量も速度制限がなかったんですよね。
だから実質使い放題ってわけ。※1

いろいろ調べてみたけど、旧WiMAXに対応しているルーターはあります。
モバイル用は、自動切り替えになっちゃうのかな?って感じでした。
据え置き用は手動で切り替えできるので、通信量制限のある通常プランに入っておいて、WiMAXモード※2で通信量も通信スピードも制限なしで使うって技も。

ちなみに旧WiMAXは2018年に終わるらしいので、小手先の技になっちゃうかも。

旧WiMAXを狙っていた人には、ギガ放題がオススメ。
気になる速度制限も今は6MbpsくらいになるだけでYOUTUBEの動画も観れるレベルだから、大丈夫じゃないかと。

※1:僕の場合、ノートパソコンにWiMAX機能が入っていたから、ノートパソコンだけで使っていました。僕は1台のPCでしか使っていなかったけど、ルーターがあれば何台も使えたのかな?あの頃はなかった記憶が。今はもちろんルーターで何台も繋げますよ♪
※2:無制限なのはWiMAXのノーリミットモードじゃないとダメですよ。


一番の違いは料金やキャッシュバック

WiMAXプロバイダごとで一番変わってくるのは、料金やキャッシュバックですね。
そこを基準に選ぶといいのかも。料金は気にしない、お金がたくさんあって困るような人は別ですが(笑)



>>「WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016」の一番上に戻る




あなたにあったWiMAX2+プロバイダの選び方は?

やっと本題のWiMAX2+のプロバイダ選びに入っていけますね(笑)
WiMAX2+のプロバイダ選びですが、実は人によって切り口が変わってきます。
というわけで、いろいろな切り口からWiMAX2+プロバイダ選びを見てみましょう。

【その1】2年間のトータルの金額で決める

WiMAX2+のプロバイダのWEBキャンペーンを調べていくとキャンペーンがたくさんあって迷っちゃいます。
しかも、初月無料だけど月額料金が少しづつ上がっていくことも。こりゃ混乱しちゃいますよね(^_^;)
というわけで、2年間の料金のトータルとキャッシュバックをひっくるめた金額で選ぶといいでしょう。
一番安く抑えることができます。

ちなみに2年間で一番安くできるのは、現在GMOとくとくBBというWiMAX2+プロバイダです。
2年で3万円違うことも(^_^;)
WiMAX2+のランキングを調べてみた結果



【その2】キャッシュバック特典のもらいやすさ

WiMAXのプロバイダをキャッシュバックのもらいやすさで決めるという手もあります。
というのも、WiMAX2+のプロバイダーってWEBキャンペーンを積極的にやっています。店頭で契約を取り扱っていないのでWEBだけで勝負しなければならないっていうのもあるでしょう。だから、キャッシュバックキャンペーンも積極的にやっています。

しかし、キャッシュバックといっても、すぐにもらえるわけではなく手続きが必要なことが多いです。たとえば、契約1年後にメールでキャッシュバック受付の知らせが来て申し込むというパターンです。コレってどう思いますか?僕だったら、1年後のメール見るの忘れちゃいそうだし無理無理ってなります。
先ほど2年間で一番安くできるGMOとくとくBBの場合、送られてくるのはGMOとくとくBBに申し込む時に作成するメールアドレス。そう、いつもとは違うメールアドレスに送られてくるんです。そりゃないぜって感じじゃないですか?(笑)

WiMAX2+のプロバイダごとにキャッシュバック特典のもらいやすさが違うってことは、もらいやすいプロバイダもあるはず!そういうところを選べば、ラクにキャッシュバックがもらえるっていうわけですね。

ネットで調べてよくキャッシュバックがもらいやすいと言われているのは、「BIGLOBE」です。利用開始後12ヶ月くらいに「振り込み払い出し証書」が郵便で届くので、記入して郵便局に持って行くと、キャッシュバックが受け取れるそうですよ。


本ページからお申し込みをされた方で、サービス開始の翌月を1カ月目として23カ月目末日まで継続利用していただき、さらに所定の期限内に弊社指定のアンケートにお答えいただいたお客さまに23,000円キャッシュバック(WX02の場合は20,000円キャッシュバック)。
サービス開始の翌月を1カ月目として12カ月目までのご利用を確認後、振替払出証書をお送りいたします。なお、発送までに1カ月以上お時間をいただく場合があります。
※ 最低利用期間内に解約した場合、WiMAX 2+の契約解除料とは別に特典違約金20,000円(不課税) がかかります。
BIGLOBE WiMAX2+ キャッシュバック キャンペーンページより


公式ページでも、こう書いてあるので大丈夫でしょう。アンケートは答えなきゃいけないみたいですが、メールを見逃すことがなく確実にキャッシュバックを受け取れるのでいいと思いますよ。
なかなかややこしい書き方をしているキャンペーンページですが、つまり…
「2年間利用することを前提にキャッシュバックします。一年間の利用が確認出来次第振替払出証書を送りますよ。あ、アンケートも必須ですよ。」
ということでしよう。

BIGLOBE WiMAX2+は、キャッシュバックの金額も23,000円とGMOとくとくBBにはかないませんが、なかなかのキャッシュバック金額だと思います。

※WX01の場合。WX02の場合20,000円。



【その3】サポートで選ぶ

WiMAX2+プロバイダをサポートで選ぶという手も。特にネット初心者さんにはいいのかも。
サポートがいいと言われているWiMAX2+プロバイダをチョイスしてみましたよ。WiMAX2+プロバイダ選びの参考にしてみてくださいね!

BIGLOBE
BIGLOBEは、大手なのでサポートがいいとネットで評判ですよ。会員サポートページもわかりやすく初心者さんでも安心できます。
有料オプションになりますが、お助けサポートや出張サポートといった手厚いサポートも充実です。お金が多少かかってもサポートで安心したい初心者さんやPCに疎い人にいいと思いますよ。
通常の電話サポートも10:00~19:00 365日受け付けてますよ。これはいざというとき安心ですね!サポートが土日祝休みだといざという時どうしようもならなくなるので、やはり365日受付は嬉しいです。


UQ WiMAX
本家のUQ WiMAXもサポートが充実しているとネットで評価が高かったですよ。
Q&Aサイトみたいな「Q&Aコミュニティ」があったり、よくある質問が充実しています。さすが本家というコンテンツ量です。
あと、電話サポートも9:00-21:00まで年中無休だったり、なかなかの頼もしさてす(笑)
値段よりも信頼性をとるのなら、やはり本家UQ WiMAXがいいでしょう。




【その4】支払い方法で選ぶ

WiMAX2+のプロバイダを支払い方法で選ぶという方法がありますよ。
WiMAXは、基本クレジットカード払いなんですよ。銀行引き落としのプロバイダもありますが、少ないのが現状です。クレジットカードを持っていなかったり、銀行引き落としにしたい人は、対応したプロバイダを選びましょう。

でもって、当サイトで調査した結果、現在クレジットカード払い以外に対応しているプロバイダはこちらです。

UQ WiMAX
DTI WiMAX2+
BIGLOBE WiMAX2+
クレジットカード/口座振替
So-netクレジットカード/口座振替/NTT請求/KDDI請求/コンビニ払いなど
※2016年2月現在。



意外と少ないでしょう?クレジットカード払いができない人はプロバイダ選びの参考にしてみてくださいね♪

こちらのページで更に掘り下げて説明しているので参考にどうぞ!
銀行引き落としできるWiMAX2+プロバイダはこの4つな件。



>>「WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016」の一番上に戻る



WiMAX2+の選び方の流れ

それでは、WiMAX2+の選び方をご紹介しましょう♪
WiMAX2+を始めるにあたって、選ばなきゃいけないことは…WiMAX2+のプロバイダと端末ですね。
端末は、プロバイダーが違っても共通なのですが、扱っている端末の種類が少し違うので注意が必要です。大体一緒だと思ってもらって大丈夫ですが。
では、WiMAX2+の選び方のおおまかな流れを追ってみましよう。

エリアをチェックする!

まずWiMAX2+のエリア内かチェックしてみましょう。いざ契約してみたら、エリア外だったら悲しすぎますからね(笑)
エリアのチェックはどのWiMAX2+のプロバイダもできるはずなので、好きな公式サイトでチェックしてみましよう。

プロバイダーを決める

めでたく、WiMAX2+のプロバイダー選びですね。いろいろな選び方はありますが、まずは消去法がいいでしょう。
プロバイダーのリストを作っておき、ないなぁという条件のところを外していきます。
たとえば、クレジットカード払いはしたくない、できない場合は、クレジットカード払いしか対応していないプロバイダーはリストから消していきます。
そうしていけば、選択肢が狭まり、プロバイダー選びが楽になりますよ。

次になんといっても、料金が気になると思います。料金の比較表で比べて、料金がお手頃のところに目星をつけてみてはいかがしょう?

そして、その時々でキャンペーンをやっているので魅力的なキャンペーンのWiMAX2+プロバイダーに申しこめばいいでしょう。


端末を決める

ここに来て、端末(ルーター)を決めていきます。WiMAXプロバイダによって扱っている端末は違います。(端末の顔ぶれはほぼ一緒です)
端末の値段が気になると思いますが、端末は基本無料です。
プロバイダーごとに端末によってキャッシュバックがかわってくることも多いですから、そこは注意がいるかも。

で、端末の選び方ですが、また下の方で説明します。ちょっと奥が深いものですから(笑)

↓お急ぎの方はこちら
WiMAX2+ルーター・端末の選び方


申し込み!

最後にWiMAX2+プロバイダーへ申し込みになります。つまり契約ですね。
ネット契約の場合、数日後に端末が送られてきて、軽く設定してWiMAX2+ライフがはじまり♪になります。




>>「WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016」の一番上に戻る







WiMAX2+ルーター・端末の選び方

ルーターは、端末や機器。
プロバイダごとに速度の差はなく、ルーターで速度差がでる。
結局UQ WiMAXのインターネット回線を使っているから。

端末の違いはこんなところ出でる!

では、端末って性能や機能はどう違ってくるのでしょうか?基本的にはこんな違いがあります。

・通信速度
・通信モード
・電波感度

それぞれの項目はどんなことなのでしょうか?
通信速度
端末ごとに対応している通信速度の技術によって通信速度が変わってきます。WiMAXでは「4×4 MIMO」とか「キャリアアグリーゲーション」など通信技術があります。この通信技術に対応しているかしていないかで端末ごとに速度に違いがありました。最大110Mbpsとか220Mbpsとかね。
ちなみに「4×4MIMO」か「キャリアアグリーゲーション」に対応していると、最大220Mbpsになります。現行の機種はどちらかに対応しているので、今のところ通信スピードの最大値はかわんないですよ。

通信モード
WiMAXの端末ごとに通信モードが変わってきます。通信モードは3つあり、それぞれ特徴があります。さて、どんな特徴なのでしょうか。さらっと解説しましょう。
WiMAX2+(ハイスピードモード)
WiMAX2+の標準モード。最大220Mbpsのスピードがでますよ。WiMAX2+を使う時はデフォルトでこのモードになります。
通常プランに契約をしている場合、月7GBの通信量制限の対象になりますよ。
あと、3日間で3GBを超えると、翌日まで速度制限が発生しちゃいます。これは直近の3日間での話なので、3日間制限されるわけではありません。通信量をセーブすれば、1日で解除されると思います。速度制限後も6Mbpsくらいは速度が出るので、Youtubeの視聴くらいは大丈夫ですよ。

WiMAX(ノーリミットモード)
WiMAX通信をするモード。別名ノーリミットといいます。
なぜノーリミットモードというかというと、通信量制限がないんです。それどころか3日間3GBの通信速度制限もないんです。
WiMAX1は僕も使っていましたが、通信量制限がないのが魅力でした。通信速度はちょっと遅かったですが。だから、狙ってWiMAX1のノーリミットモードを使いたいっていう人は多いと思います。なんてったって、通信量の制限がないのがいい!

でも、狙って使うのは難しいですよ。現状のモバイルルーターの端末では、モードは自動切り替えになります。つまりWiMAX2+が入らないエリアでWiMAX1の電波しか入らない時に限ってノーリミットモードになります。(自宅向けの据え置き端末はノーリミットモードに手動切り替えできます)

モバイルで使いたい人は残念でした(笑)

au 4G LTE(ハイスピードエリアプラスモード)
これは、文字通り、auのLTE回線を使うモード。auのエリアなら繋がるというのが最大のメリットです。
通信スピードは最大165Mbpsなので、WiMAX2+の最大220Mbpsには劣ります。しかし、通常でもそんな最大値が出るわけじゃないので、気になることはないでしょう。
それよりも、エリアが広いのでいざというときに頼りになります。
しかし一番のデメリットがあります。それはハイスピードエリアプラスモードは有料オプションということ。
使った月は約1000円程度料金が加算されます。まぁ、使った月だけと考えるとイザという時に使うっていうやり方もあるのかなぁと。

電波感度
ルーターを電波感度で選ぶという見方もあります。実はルーターによって、電波を受信しやすいとかしにくいとかあるんですよ。特に、建物の中や地下で顕著になります。

電波の強いエリアなら、そんなに気になりらないかもしれませんが、電波が微妙なエリアで使いそうなら、電波感度は気にした方がいいでしょう。



WiMAX2ルーター・端末の特徴

WiMAX2+のルーター端末の主な機種を見てみましょう♪
W01
◎キャリアアグリーゲーション対応で最大220Mbpsの通信スピード。
◎LTE対応しているので、地方の人や出張先で使いたい人におすすめ。
◎5秒クイック起動なので、ビジネスシーンでも◎
◎2.4インチの大画面液晶付きなので、設定などがしやすい!

WX02
◎4×4MIMO対応で最大220Mbpsの通信スピード。
◎薄くて軽い!
◎WX01より省電力。
△起動は1分かかります
△画面が小さいです

WX01
◎4×4MIMO対応で最大220Mbpsの通信スピード。
◎WX02より安定性がいいかも?
◎Bluetoothテザリングができるので、ノートパソコンなどのモバイル機器の電池使用量を減らすことができます。モバイルのヘビーユーザーにオススメ。
○5GHz帯を使っているので干渉を受けにくい。けど、周波数帯が高いから届く範囲も狭くなるんじゃ?
△au 4G LTEは使えない
△WiMAX1への切り替えが手動でできない。

HWD15
◎3つの通信モードに対応(ノーリミット/ハイスピード/ハイスピードエリアプラス)
△ラインナップされているWiMAXプロバイダが少ない。



>>「WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016」の一番上に戻る




申込方法の選び方?







今回のまとめ!

今回の記事はいかがでしたか?
WiMAX2+の選び方についてちょっとはご理解いただけたかな?







参考にしたページ

安く購入したい方におすすめWiMAX2+のキャンペーンとは!?【随時更新】
テザリング方法・料金等を徹底比較・解説!
2015年 文系の大学へ新入学を行う人におすすめする後悔しないノートパソコン 3モデル


>>「WiMAX2+プロバイダの選び方を調べたら「GMOとくとくBB」が一番お得な件。モバイル編2016」の一番上に戻る





Comments are disabled

© 2018 教えて!WiMAXくん. WP Castle Theme by Just Free Themes